レディー

ほくろ除去を行なうなら皮膚科に行こう|気軽に受けられる除去治療

効果的な除去法

フェイス

世の中には、顔や体にたくさんほくろができて悩んでいる方は多いです。そもそもほくろは、正式名称では色素性母斑というものです。ほくろの原因は、紫外線を浴びてメラニンを作る過程で活性化しすぎることで形成されます。皮膚科のクリニックでは、ほくろ除去を行いたい方に効果的な治療を行っています。クリニックでは、主にレーザーによる治療とメスで切開する除去方法が行われています。まず、レーザーによる治療は、炭酸ガスを当てて熱の力でほくろを蒸散する方法です。これは、通常1cm以下の小さなほくろに適用されます。レーザーは肌に傷を残らず、短時間で治療が終わります。もうひとつの切開する方法は、メスでほくろを切除して縫い縮める治療です。この治療では、レーザーで除去できない大きなほくろに適用されます。麻酔を処置してくれるので痛みもなく、ほくろ除去ができます。

皮膚科のクリニックでは、ほくろの状態に応じて効果的なほくろ除去治療を行ってくれます。どの治療も確実に除去できますが、患部をきれいに保つためにいくつかの注意点が有ります。まず、ほくろ除去施術を受けた直後は、患部の皮膚はへこんで脆い状態に有ります。なので、なるべく患部に触らないようにしたほうが良いです。顔を洗う時もあまり擦らないようにして優しく洗う必要があります。また、患部がへこんでいるので、洗い終わった後は洗顔料が溜まってしまいがちです。なので、洗顔料が残らないようにしっかりすすぐことが大事です。その他の注意点は、施術直後はなるべく紫外線に当たらないことです。お肌がとても刺激に弱いので紫外線を浴びるとシミになりやすいです。外出時は必ず紫外線対策をすることが大切です。

Copyright© 2016 ほくろ除去を行なうなら皮膚科に行こう|気軽に受けられる除去治療All Rights Reserved.